ライフティで突然新規借入ができなくなった!なぜ?

ライフティと契約していて、限度額を超えているわけでもないのに突然新規借り入れ不可になってしまうことがあります。これにはいくつかの理由が考えられます。

 

例えば当たり前の話ですが、延滞を長引かせれば利用停止になるでしょう。
ついうっかり忘れて数日返済が伸びてしまったなんてことはよくある話です。

 

しかし、しばらく放置しているようだといずれは裁判沙汰にもなりかねないほど延滞は怖いものですし、延滞を起こしたことがライフティによって認識されると、利用不可になることがありえるので、返済期日はきちんと覚えておくようにしましょう。

 

会員ページから次回の返済期日を確認することができるので、それをチェックしてこのような事態を誘発しないようにすることが大事です。

 

総量規制にひっかかってしまう場合

総量規制の関係上新規の借入れが不可能になることもあり得ます。貸金業法で総量規制のルールが定められていますが、このルールでは「当事者の年収の3分の1を超える貸し付けは行えない」ことになっています。

 

ある人の年収が240万円なら、その人が最大で借りられる額は80万円です(おまとめローンなどは規制の対象外)。
仮に今ある人がS社で40万円、Q社で50万円の借入れをしているとします。両者合わせて90万円の借入れ残高です。もしS社で増額を申し込んで審査が行われた場合、Q社からの借入れ50万円で明らからに総量規制の制限をオーバーしていることが分かります。

 

そうなると当然新規の借入れはできなくなってしまいます。
ただしこの場合オーバーしている分の10万円をすぐに返済しないといけないわけではありません。新規の借入れはできませんが、通常通り返済をそのまま続けていくことになります。
あるいは年収が下がったことによって総量規制の制限の大きさが変わってしまう事もありえます。

 

先ほどの例で言えば、仮に年収が半分の120万円になってしまえば、最大借入可能額は40万円です。そのことが判明すればやはり新規借り入れはNGでしょう。

 

虚偽の申告が判明したり、無職になる場合

申込の時点でライフティ側に通告した勤務先情報や個人情報などに虚偽があることが判明したとか、無職になったことが分かった場合などに、ライフティ側が利用の制限をかける可能性もあるでしょう。

 

無職で年収がないとしたら総量規制の点からいって問題ですし、虚偽の報告をするような人であればやはり信用性がありません。
他にも他社で借入をしている人が延滞などを起こしてそれが信用情報機関などに記録されれば、それを知ったライフティ側が何かしらの措置を講じることも考えられます。

 

それぞれのケースで明言をすることはできませんが、収入の変化や他社の借入れ状況、報告の正確性などいろいろな要素が信頼性に関係しますから、責任ある借入と返済を心がけるのは大事です。